障害年金を希望の方は

公的年金制度の一つである障害年金を受給したいと考えた方は申請が必要です。受験資格と必要な書類をそろえてはじめて請求ができます。受験資格は一般的な国民年金と違い複雑であります。障害年金申請を始める方は自分が受給資格を持っているかの確認が必要です。その他、初診日を確認するなど、自分で確認することが多くあります。ですが障害年金は対象外の疾病はほとんどなく、大半が受給対象にあてはまります。そのため受給資格を持つ方には申請を考えてほしい公的年金です。申請を出すことで経済的負担がかなり抑えられます。

請求するための書類は年金事務所や役場で入手をした後、医師に依頼し作成してもらう書類や、自身で病歴や就労に関する状況についての書類の作成等をおこないます。この書類は障害年金を受給するために具体的に正確に記入をする必要があります。

複雑でわかりづらい障害年金ですが日常生活が不自由であり、労働による収入が極めて困難な方には是非申請をしてもらいたい公的年金の一つです。請求のサポートをしてほしい、相談をしたいという方は、申請書類をもらった年金事務所や共済組合事務局、市町村役場の他にも民間で障害年金に関する事業を行っている社会保険労務士事務所に相談ができます。

ここでは障害年金の受給資格について、事務所や役場でもらう書類にはどのようなものがあるか、受給には何が必要であるか、そして相談先としておすすめできる社会保険労務士について説明します。