社会保険労務士に相談

障害保険は65歳未満で障害をもった方のための制度であるなど、複雑な年金制度です。ただし、自分から請求をしなければ貰うことができません。障害年金の申請方法はなんとなくわかったけれどもちゃんと申請できるか心配という方は社会保険労務士に相談をおすすめします。社会保険労務士は社労士とも呼ばれ、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類の作成代行を行う他にも社会保険に関する相談や指導を行っています。中には障害年金を専業とした障害年金を専業とした社会保険労務士もいます。多くの方に障害年金に関することを知っていただけるように受給のための申請を手助けしてくれます。また、法令や職務上の倫理を順守してくれるため安心して依頼ができ、障害年金の申請の手続きが簡単にできます。

社会保険労務士事務所に相談にいくと、障害年金の受給に関する相談のみならず必要な書類の作成の協力、請求書提出の代行などをしてくれます。また、他に障害年金を相談できる年金事務所や市町村役場と比較しても社会保険労務士は依頼者と一緒に請求を手助けをしてくれ受給可能になるように支援をしてくれるのが特徴です。相談は自身が直接相談にいくだけでなく、電話やメールなどの相談方法の他、初回無料等のシステムをとっている事務所もあります。まずは一度相談をしてみましょう。

関連リンク【障害年金申請サポート:白石社会保険労務士事務所